当サイトではゼニカルについて詳しく解説すしております。ゼニカルは食事の際に体内で吸収されるはずの脂肪分をそのまま体外へ排出して、体重の減少に役立ってくれます。痩せたい人は当サイトの記事を参考にしてゼニカルを使ってみましょう。

  • ホーム
  • ゼニカルの飲み過ぎは危険

ゼニカルの飲み過ぎは危険

ジョギングしている肥満の女性

ゼニカルは、食事制限や運動、アルコールの摂取制限などストレスのたまる事は必要なく、ただ食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が得られるので、服用量を増量してより大きなダイエット効果を得たいと思う方も多いと思いますが、医薬品である以上過剰摂取は様々なリスクがあるとされ、過剰摂取する場合は24時間態勢の経過観察が必要とされています。

しかし、臨床試験では、標準体重の被験者と肥満症の被験者に対して1日1回800mgと1日3回400mgの服用を15日間継続しましたが、身体的な問題や重篤な副作用も無かったとされています。
ゼニカルは、1日の服用量が400mgまでは最大効果が上昇しますが、1日の服用量が400mg以上の場合は以後最大効果がほぼ横ばいになり、ゼニカルは400mg以上の服用量と脂肪排出率は比例しない医薬品です。
ゼニカルの主成分オルリスタットを120mgを含み1日の服用量が360mgの医薬品の脂肪排出率は約30%であり、オルリスタットを60mgを含み1日の服用量が180mgの医薬品の脂肪排出率は約25%と1日の服用量が400mgでも然程大きな差は無いとされています。

ゼニカルのような脂肪の吸収を抑える薬で痩せる方法は、高度肥満症の患者の治療に使われている食欲抑制剤の様に脳の満腹中枢に直接作用する強力な医薬品ではありません。
長い期間をかけて身体に対する負担を最小限にウェイトコントロールする医薬品なので、適切な用法用量を守って安全に使用するべきです。
又、ゼニカルは、普段の生活習慣を無理に変える必要が無くストレスがたまらないので、ストレスによるホルモンバランスの乱れによる体調不良や肌トラブルなども無く健康的にダイエットが出来ます。

サイト内検索
人気記事一覧